CoderDojo?

CoderDojo(コーダードージョー)は7~17歳の子どもを対象にしたプログラミングクラブです。2011年7月にアイルランドで始まり、世界では66カ国・1,150の道場、日本では全国に70以上の道場があり、世界で社会的運動となっています (2016年12月現在)。

CoderDojoの特長

  • 無償です

    CoderDojoは広く様々な子ども達に参加してほしいとの思いから、ボランティアによって運営されています。
  • テキストやカリキュラムはありません

    参加する子どもたち(CoderDojoでは’ニンジャ’と呼びます)の、自分で考え解決する力を育むことを目的としています。 指導者側(CoderDojoでは’メンター’と呼びます)はニンジャ達に学びたいことの選択肢の提示や助言はしますが、 実際になにをするかはニンジャ自身に選んでもらいます。わからない事があった時には
    1. まず自分で調べてみよう!
    2. そのあと隣のニンジャに聞いてみよう!
    3. それでもわからなかったらメンターに質問しよう!
  • 参加者(ニンジャ・保護者・メンター)同士の交流を推奨しています。

    普段の生活の中では出会う事のない、さまざまな方たちとの出会いや交流はとても刺激的ですよ。
  • 発表タイムがあります

    • 自分の作った作品をみんなに見てもらいたい。
    • ほかのお友達はどんなのつくっているのかな?
    もちろん発表をする/しないもニンジャたちに判断してもらいます。
    (デモ...セッカクダカラハッピョウシテホシイナ...)
    プレゼンをする機会や場所は、学校生活の中では意外に少ないものですが、おとなになった時に必要とされるスキルとして重要な位置づけであると思います。

ガイダンス

アイルランドにおける成り立ちや、参加にあたっての注意事項等についてはこちらのスライドをご覧ください。
スライドが見えない方はコチラをクリック

メディアでの紹介事例

ITpro

2016年10月28日
「教わるのではなく学び取る」、子供向けプログラミング道場「CoderDojo」が全国で急増中

ICT教育ニュース

2016年10月17日
子どものための無料プログラミング道場「CoderDojo」をはじめてみませんか

ベネッセ教育総合研究所

2016年9月
「自由」というルールを共有し、プログラミングの学習機会を提供する CoderDojo Japan

バケモノ.jp

2015年5月14日
子ども向け無料プログラミング教室、CoderDojoとは? 運営者に話を聞いてみた!

飯能ドージョーについて